Yumiko Kanazawa

バナーを作成

2013年10月03日

三年番茶




三年番茶とは
煎茶や番茶、ほうじ茶などが新芽を使う一方、
三年番茶は、刈り取った葉と茎を3年以上寝かして熟成させた
古い葉や茎を使います。
その為、新芽に多量に含まれる刺激成分のカフェインが少なく、
赤ちゃんやお年寄りにも安心して飲ませることが出来ます。
また、胃に負担がかかる緑茶などと違い、
むしろ、三年番茶を飲んでいると胃が安定してきます。
その為、病人にすすめる場合もあるくらいです。
マクロビオティックでは、飲用の手当てとして使われています。



マクロビオティックでの三年番茶の位置づけ
煎茶は陰性なので、身体を冷やしたり、
代謝に負担があったり、カフェインの刺激などがありますが、
三年番茶は、やや陽性に近い、中庸のお茶。
バランスのとれた「中庸」を理想とする
マクロビオティックの観点からすると、
(玄米も中庸です☆)
ちょうど良い陽性よりの中庸である三年番茶は、
身体を温めたり、消化吸収や新陳代謝に良いので、
毎日常飲できる理想的なお茶としてすすめられます。


http://www.kurashi-happy.com/SHOP/2000030.html 参照



同じカテゴリー(体質改善)の記事画像
体質改善中
生姜オイル
酵素玄米作り方
体質改善食事
体質改善中
同じカテゴリー(体質改善)の記事
 体質改善中 (2013-10-17 22:17)
 生姜オイル (2013-10-17 20:18)
 酵素玄米作り方 (2013-09-30 20:26)
 体質改善食事 (2013-09-25 23:08)
 体質改善中 (2013-09-25 10:51)

Posted by ゆみ子社長 at 19:17│Comments(0)体質改善
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。