Yumiko Kanazawa

バナーを作成

2009年06月22日

宮崎観光手帳

海外から宮崎にお越しになるお客様。


年々増えているのでは?

特に東アジアからのお客様。観光客。


宮崎を知っていただくためにはまずはホスピタリティーの精神でしょうか。

ツアーの観光客も多いと聞きました。
宮崎の案内を各国の言葉で表す。

看板、情報冊子、メニューなど


何が必要なんだろう。


伊丹空港にはハングルの案内看板があった。

宮崎空港は、どうだっけ。


先日、写真のフリー冊子をみつけた。大阪のローカル駅にて。
この三カ国をおさえている。

って、英語、
ハングル、
真ん中は中国?台湾?


わかる方、コメントお願いします。


同じカテゴリー(ダイアリー)の記事画像
インカメ
海月 お好み焼き
ダンロップ
ハッピーハロウィン!
散歩
お疲れ様
同じカテゴリー(ダイアリー)の記事
 インカメ (2016-11-25 11:45)
 海月 お好み焼き (2016-11-21 15:37)
 ダンロップ (2016-11-20 18:59)
 ハッピーハロウィン! (2016-10-31 22:09)
 散歩 (2016-10-30 09:41)
 お疲れ様 (2016-10-04 22:44)

この記事へのコメント
リピーターを増やすには、地元一人ひとりの
おもてなし精神にかかっていると思いますね。
一期一会の気持ちで接しようと私も気をつけていますが
たまにちょっと行き過ぎた事もあります。
言葉や文化は異なっても思いやりと優しさは
万国共通のコミュニケーションツールですよね
Posted by at 2009年06月22日 16:52
裕さま
返事が遅くなってしまいごめんなさい。
東アジアからお越しになる方へのサービスを考えています。
悩んだら相談に伺うかも!です。。
Posted by ゆみ子社長 at 2009年06月24日 09:32
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。